アルゼンチン

アルゼンチン基本情報

—————————————————————————————————————————————————————-

♦国 名

アルゼンチン共和国 República de Argentina

♦首 都

ブエノス・アイレス(Buenos Aires)

♦面 積

278万平方km(日本の約7.5倍)

♦位 置

南緯21度から南は南緯55度

♦人 口 

4,166万人(2013年)

♦言語(公用語)

スペイン語

♦宗 教

国民の92%がローマ・カトリック。そのほかプロテスタント、ユダヤ教、イスラム教など。

♦通 貨

通貨単位はアルゼンチン・ペソ(略号は$/Peso)補助通貨はセンターボ(略号は¢/Centavo)となり、100¢=$1。

紙幣は$100、$50、$20、 $10、 $5、$2 硬貨は$2、$1、50¢、25¢、10¢、5¢、1¢。

♦両 替

両替はカサ・デ・カンビオ(Casa de Cambio)と呼ばれる両替所か銀行でするのが一般的。

両替所以外では日本円を受け付けておらず、大きめの両替所なら扱っているところがあるが、レートが悪いため、米ドルを持参したほうが良い。(身分証明書が必要)

ペソ→米ドルへの再両替は可能だが、必ず米ドル→ペソの両替証明書必要。両替の際、証明書に氏名とパスポート番号が記載されているか必ず確認しなければならない。

空港では再両替ができないので注意が必要。 トラベラーズ・チェック:両替屋のみで行える。通常5%の手数料が差し引かれる。(身分証明が必要)

♦クレジットカード

クレジットカードの普及率は南米の中でも特に高い。

ホテルはもちろんツアーやレストラン等、現地の支払いはほとんどのクレジットカードが使える。(ビザ・マスター・アメリカンエキプレス・ダイナース)

♦電源とプラグ

220~240ボルト、50ヘルツ。プラグは3穴のBFタイプを中心にC型、O型、SE型タイプがある。

♦年齢制限

飲酒:18歳未満不可。

♦チップ

チップの習慣はある。レストランなどサ-ビス料が含まれていない場合の目安は料金の10%程度。ホテルや空港のポーターは15ペソ、メイドは10ペソ程度。

管理人のいるトイレを使用するときは、置かれている皿に20~50¢程度置くのが良い。

♦水

水道水は設備されていて飲用も可能だが、ミネラルウォーターを購入した方が良い。炭酸入りと炭酸なしがある。

♦時 差

日本より12時間遅れ。サマータイムは実施していない。

♦気候と地理

アルゼンチン共和国は南アメリカ大陸南部の大部分を占めるくさび型の国であり、南北の全長が3800kmにも及ぶ。

エリアは亜熱帯地域・パンパ(大海原)・アンデス山脈・そしてパタゴニア地方の4つに分かれ、その気候も亜熱帯・温帯・乾燥・寒冷の4つに分けられる。

首都ブエノスアイレスが含まれるパンパ地方は四季折々の良さがあるが日内の温度差は激しく、夏期でも日没後に肌寒くなる事がある。

また、季節の変わり目には突然の雷雨がくることも。

♦パスポート

残存有効期間は帰国時まであれば法律上問題は無いが、できれば6ヶ月以上の有効期限があることが望ましい。

♦ビザ(査証)

観光目的での3ヵ月以内の滞在の場合は不要。滞在中に国外に出ても、再び入国する際にその時点から3ヵ月有効な査証が与えられるので、心配はない。

(入国の際に3ヵ月滞在可能な査証をパスポートに押してくれる)

♦予防接種

入国時に必須の予防接種はないが、外務省では成人・小児ともにA型肝炎、B型肝炎、破傷風の予防接種を勧めている。

♦その他

2014年4月末よりエセイサ空港の出入国手続きでイミグレーションカードが不要となり、パスポートの表示以外に右親指の指紋と顔写真を撮られるシステムに変更されている。

アルゼンチンの気候

—————————————————————————————————————————————————————-

亜熱帯性のメソポタミア気候とチャコ低地

アルゼンチン東北部はメソポタミア気候と呼ばれる雨の多い亜熱帯性の気候区とチャコ低地と呼ばれる比較的温暖なサバンナ気候区がある。

ちなみにイグアスの滝はメソポタミア気候に属していて、年間降水量1700mmを記録する亜熱帯雨林のジャングルである。

この気候を利用して亜熱帯性の果物が作られ、国内のバナナの98%はこの地域で生産される。

チャコ低地は、夏の平均温度は25℃前後、冬は13℃前後と年間をとおして温暖である。夏が雨期(1月~3月)、冬は乾期(6月~8月)。

主な都市:シミオネス(イグアスの滝)、コリエンテス、エントリオス。

パンパ PAMPA (大海原)

ブエノス・アイレス から内陸部に向かって扇状に広がる大海原。飛行機から見下ろすパンパは、グリーンと茶色の景色が広がっている。

パンパの面積は国土全体の20%を占めている。気候は温帯性で年間をとおして平均的に雨が降るため耕地に適し、アルゼンチン全体の80%に近い穀物がパンパで生産される。

北西部に山脈があり、そこに位置するコルドバ州などは降水量は少なく、年間気温が低いため、絶好の避暑地となっている。

主な都市:ブエノス・アイレス、ラ・パンパ、サン・ルイス、コルドバなど。

ロス・アンデス Los Andes  (アンデス山脈)

チリとの国境に沿って南北に延びるアンデス山脈。その麓は、雨が少なく乾燥した山岳気候である。南米大陸最高峰アコンカグアの麓に位置するメンドーサはこの気候区に属する。

雨は少ないが、アンデスの雪解け水を利用した灌漑用水路が張り巡らされているため、ワインベルトともよばれるブドウ畑が広がる。

メンドーサのワイン生産量はアルゼンチンの70%を占める。ほかにオリーブ、タバコなどの栽培も盛んである。

主な都市:フフイ、サルタ、メンドーサなど。

パタゴニア Patagonia (パタゴニア地方)

面積70万平方キロメートルは日本のおよそ2倍、アルゼンチン全体の25%にしてきする。年間平均温度7℃、風が強く曇った日が多い。

チリ国境に沿って、南北に走るアンデス山脈は南へ行くほど氷の厚みが増し、ペリト・モレノ氷河を代表とする膨大な氷の台地、氷河国立公園を形成している。

国立公園はバリローチェ周辺のナウエル・ウアピ国立公園、チリのプエルト・ナタレス起点とするパイネ国立公園など何十もあり、雄大な自然の残る世界的にも数少ない地域とされている。

主な都市:リオネグロ、チュブット、サンタクルスなど。

アルゼンチンの国旗

—————————————————————————————————————————————————————-

argentina

アルゼンチン国旗

※独立運動をおこしたベルグラノ将軍の考案と言われ、  青は海と空を表わすと同時に、正義、真実、友情の象徴。  白は平和を象徴し、中央の模様は「五月の太陽」といわれ、  スペインからの独立を記念するシンボル。

アルゼンチンの祝日

—————————————————————————————————————————————————————-

♣1月1日 元旦

♣2月又は3月 謝肉祭(※年によって日にちが異なる)

♣3月24日 真実と正義を記念する国家記念日

♣4月2日 マルビナスの戦争における戦没者の日

♣4月 聖金曜(※年によって日にちが異なる)

♣5月1日 メーデー

♣5月25日 5月革命記念日

♣6月20日 国旗の日

♣7月9日 独立記念日

♣8月 サン・マルティン将軍の日(※年によって日にちが異なる)

♣10月 文化の多様性を尊重する日(※年によって日にちが異なる)

♣11月 国家主権の日(※年によって日にちが異なる)

♣12月8日 聖母受胎の日

♣12月25日 クリスマス

アルゼンチンの世界遺産

—————————————————————————————————————————————————————-

現在、アルゼンチンにはユネスコの世界遺産に指定されている4つの文化遺産と4つの文化遺産がある。

•ロス・グラシアレス国立公園(1981年)

•イグアス国立公園(1984年)

•グアラニーのイエズス会伝道所群(1984年

•バルデス半島(1999年)

•クエバ・デ・ラス・マノス(1999年)

•イエズス会管区とエスタンシアス(2000年)

•イスチグアラスト/タランパジャ(2000年)

•ケブラダ・デ・ウマワカ(2003年)

アルゼンチン旅行のベストシーズン

—————————————————————————————————————————————————————-

★ブエノス・アイレス

気候は温暖湿潤気候で四季があるが、南半球にある為、日本とは季節が逆になり1番暑いのは1月となる。降雨は3月、10月、11月がやや多く、6月と7月はやや少ない。

ベストシーズンは4月~6月頃、9月~11月頃。

★サルタ

基本的に年中旅行可。ベストシーズンは4月~11月。

★ウマワカ渓谷

8月には大地の母“パチャママ(PACHAMAMA)”へ感謝を捧げるカーニバルが1カ月に渡って行われる。 ベストシーズンは4月~11月。

★イグアスの滝

大迫力のイグアスの滝が見られるのは水量が増す雨期の1月~4月

★コルドバ

1月中旬から下旬にかけコスキンのフォルクローレフェスティバルが行われる。 ベストシーズンは11月~3月。

★メンドーサ

ワインの生産地メンドーサ!収穫期に合わせてイベントが開催される。(3月) ベストシーズンは比較的暖かい10月~4月

★サン・フアン(イスチグアラスト/タランパヤ国立公園)

基本的に年中旅行可。 ベストシーズンは比較的暖かい10月~4月頃。

★バルデス半島

10月~3月にかけては子育てをするペンギンの様子みられ、9月~3月にかけては南極海から暖かい海へと北上するシャチを見るチャンスがある。

ベストシーズンは9月~3月頃。

★バリローチェ

11月~3月は気温が暖かいため、迫力ある氷河の崩落が見られる。 スキーする場合は7月~8月がベストシーズン!

CANTUTA TRAVEL

  •   Calle Cantuarias 160, Of. 402 Miraflores Lima, Perú

  •    Phone: +51-1-242-1330

  •    Fax: +51-1-320‐7809

  •    Mail: cantuta@cantutatravel.com

© Copyright 2016 Producido por Intelicom.pe con