スーパー情報

————————————————————————————————————————————————————————————————————-

「ずっと夢みていたペルー旅行。観光の説明はガイドさんがいるし、観光客向けの土産店もいっぱい。でもせっかく異国の地へ来たのだからこそ、その土地を肌で感じてみたい!」そんな方には、是非リマ市内に点在するスーパーマーケットを覗いてみることをオススメします☆ 生活に必要不可欠なスーパーでは、まず第一にその国、または地域の人々の生活風景(物価や飲食・流行の形態など)を垣間見ることができます。季節やシーズンによって様変わりする店内には、国を象徴するアイテムがたくさん並びます。土産物店では売られていない、ペルーにちなむ思わぬ掘り出し物が見つかったりもします。 それでは、ガイドブックには書かれていない最新の情報をご紹介しながら、リマのスーパーを覗いてみましょう! リマ市内の主な大型スーパーは5つあります。中国系ペルー人が経営するWONG、チリ資本のMETRO、高級感を打ち出したVIVANDA、安さを売りにしたPLAZA VEA、比較的店舗が広いTOTUSです。今回は、品物の種類が豊富なWONGの店内を探検してみることにします。

1. 入り口にて

ペルーのスーパーでは万引き予防のため、店内に大きなリュックやカバンを持ち込むのは禁止されています。(女性用の小さいショルダー程度なら大丈夫です)大きな荷物がある場合は、入り口のレセプションで預かってもらいましょう。その際、必ず預り札を受け取ってください。身軽になったら、さあ出発です!!

2. 色鮮やかな野菜・果物コーナー

私たちが普段口にする野菜の中には、アンデス原産のものが実は多くあります。アンデスオリジナルの野菜たちを探しに、まずは生鮮食品売り場へ。 例えば、アンデス原産の野菜の横綱ともいえるジャガイモひとつとっても、揚げると美味しいもの、スープの中に軽く溶かして旨みを出すものなど、品種によって使い分けます。色も日本人にお馴染みの薄ピンクや薄黄色をはじめ、黄色、紫、黒と様々です。スーパーでは常に5種類は置かれています。ジャガイモ以外にも、さつまいもやヤム芋など、沢山の種類が並んでいます。日本だと1本または1パックあたりの料金が表示されますが、ここはペルー。値札には1キロあたりの料金が書かれています。これは余談ですが、このさつまいもに似たカモーテは、ペルーの代表料理、セビチェの付け合せとして最高です。 おやっ?日本では見かけない紫色をしたとうもろこしを見つけました。これもアンデス古来のとうもろこしの一種類で、お菓子やジュースにして食します。紫とうもろこしとパイナップルを十分煮だした後、適量の砂糖とレモン果汁を加えると、ペルーの代表的な飲み物であるチチャモラーダ(CHICHA MORADA)が出来上がります。とうもろこしに含まれる栄養と適度な甘さが、子供から大人まで幅広く愛飲される理由でしょう。我が家の食卓にも欠かせないものです。CHICHAのアイスやキャンディーなんかも売られています。野菜のコーナーについてもまだまだ説明したいのですが、今後「アンデスの食材」という別のコラムを作る予定ですので、その時まで乞ご期待あれ! さあ、次は果物です。ここでも代表的なものに絞ってみましょう。まずはこのマラクーヤ(MARACUYA)。別名パッションフルーツ。野球ボールの大きさで、シワくちゃの見た目から一見果物とは思えない風貌ですが、この状態が食べごろの証です。近づくとつんと鼻を突く南国の匂いが漂います。このマラクーヤ、そのままだと酸味が強いので、一般的に好まれているのが、果汁を絞って砂糖を加え、ジュースとして飲む方法です。これが美味しい!!ペルーではとかく甘めの飲み物が多い中で、マラクーヤジュースの控えめな甘さとほのかな酸味が、何とも新鮮です。またもうひとつ、絶品なのがマラクーヤのアイスクリーム・・・やはり甘すぎないというところと、清涼感漂う食感というのが人気の秘訣でしょうか。 おっと、いいのか!?こんな無造作にチリモヤ様が!!!日本ではチリモヤというと、超がつく高級果物ですよね。主に贈答品として売られています。それもそのはず、お値段もかなりのものらしいです。しかし、ここペルーでは日常的に食べられる果物です。その証拠に、1キログラム当たり約300円程度です。味は甘めでちょっともったりとしていて…なんとも形容し難いのですが、食べるとついくせになる個性的な果物です。 その他にも、サボテンの実であるトゥナ(tuna)や、整腸作用を促すと言われているグラナディージャ(gradadilla)など、この地域特有の果物に限ってみても、かなり種類が豊富です。もちろん、普段日本人が口にするような野菜・果物もたくさん棚に並んでいますよ。 ではここからは、リーズナブルにお土産を買いたい旅行者の方々向けに、スーパーでしか見つけることの出来ないペルーならではの食品を、コーナー別にご紹介しましょう。ここでは特に、日本に持ち帰りやすい商品を集めました。

3. スナック菓子コーナー

まずは皆が大好きなスナック菓子類。ありました、ありました。ビールのおつまみに最高の、ペルーのジャイアントコーンの実をカラっと揚げたスナック、セニョール・マイス(SEÑOR MAIZ)。ピリ辛味やチーズ味、薄塩味、薬草ミックス味などお好みでお選びください。カモーテを揚げたカモーテチッップスは、ポテトチップスより薄味で甘みがあり、ついついもう一枚と手が出てしまいます。

4. 飲料水コーナー

次は飲料水のコーナーです。これぞペルーという飲み物、その名もインカコーラ(Inca Kola)。もう名前からスゴイですよね。独特の黄色はカモミールの色だとか・・・。味はメロンソーダのような甘い炭酸飲料で、世界のコカコーラ社が販売しています。これを飲まずしてペルーを知らず!!滞在中に是非一度はご賞味ください。ダイエット中の方には、カロリー控えめのインカコーラライトも売られていますよ。 ああ、こんなものもありました。水分補給に抜群として日本でもお馴染みのゲータレイド・マラクーヤ味。これはさっぱりとした味で美味しいです。 そのすぐ横にはビールが並んでいます。ペルー産のビールは主に、クスケーニャ(CUSUQEÑA)、クリスタル(CRISTAL)、ピルセン(PILSEN)の3種類です。クリスタルが一番ライトで爽快な喉ごし、クスケーニャが一番コクのある味わいといったところでしょうか。個人的には、その中間をいくピルセンが好きですね。クスケーニャはオリジナル以外にも、赤・黒・金・麦の新しいフレーバーも販売されていますので、飲み比べてみても楽しいですね。 ペルーでは水道水をそのまま飲むことは出来ませんので、滞在中ミネラルウォーターの確保が必要不可欠となります。その際、炭酸ガス入り (con gas)と炭酸ガスなし(sin gas)の二種類がありますので、買い物の際には気をつけましょう。日本人にはガスなしのほうが飲みやすいですが、肉料理などとはガス入りも相性が良いです。

5. お菓子類コーナー

次は甘いもの好きな人、この指と~まれ!お菓子コーナーをのぞいてみましょう。ペルー人は甘いもの好きな人が多いため、お菓子のコーナーは別名「悪魔の誘惑ゾーン」、特に子供や女性には危険地帯であります。アメリカやヨーロッパからの輸入商品なども多数あるため、このコーナーの充実ぶりといったら、いやはや…。早速ここでもペルーらしいものを探してみましょう。 これが、チチャモラーダキャンディー。先述したチチャモラーダ味の飴です。一袋で200円程度ですので、所謂「配る用」のお土産として大活躍です。ペルーらしい写真の入った大きな板チョコレートは、ミルク味やレーズン入りなど色々と種類があります。他にはチョコレートの中にチョコクリームとナッツが入った、チョコテハ(Chocoteja)が有名です。周りがシュガーコーティングのテハ(Teja)もあります。存在感のある大粒で、甘い味がコーヒーのお供に最適です。また、体が温まるホットチョコレート用の板チョコレートも、ペルーらしいロゴ入りで登場。ペルーではクリスマスや元旦、独立記念日などの大事なお祝いの際に、この板チョコを湯せんで溶かして、ミルク&シナモンを加えて飲みます。 日本にない味を探すなら、ルクマ味がおすすめです。数あるペルーの果物の中で、最もお菓子と相性が良いと親しまれているのが、このルクマ(lukuma)。ルクマのケーキは有名ですが、ウエハースのルクマ味やルクマクリーム入りのマシュマロなど、ルクマの風味を加えたお菓子は沢山あります。肝心のルクマのお味は、なんとももったりとした不思議な味ですが、チョコレートとのコンビネーションは抜群です。こちらも日本では手に入らないお土産として喜ばれそうです。

6. 乳製品コーナー

さて、乳製品のコーナーに差し掛かりました。乳製品はなかなか日本には持ち帰りが難しいですので、ペルー滞在中にご賞味いただきたいのが、ルクマ味のヨーグルトジュースです。他にもグァナバナ(guanabana)という果物の風味がするヨーグルトジュースもさっぱりとしていておすすめです。ペルーはヨーグルトというと飲むタイプが一般的で、食べるという概念はあまりないですね。

7 パンコーナー

すぐ隣のパンのコーナーには、カモーテのパンがありました。ほんのりと甘く子供たちに人気のあるパンでもあります。なにもつけずにそのままお召し上がりください。他にも、とうもろこしのパン(pan maiz)もまろやかな味わいで食べやすいです。日本のような菓子パンは主流ではなく、その代わりにパンにアボカドや目玉焼きを挟んだ朝食がポピュラーです。

8. 日用品コーナー

食品ばかりで少々食傷気味という方へ。(何しろ筆者が食べること大好きなもので…)ちょっと目先を変えて、洗髪料や石鹸といったコーナーでさっぱりとしましょう。ペルーのような所でも、ちゃんとあるんですよねえ・・・マンサニージャのシャンプー。髪への負担が非常に少ないと言わ れています。ちゃんと子供用にさらに低刺激のものも販売されているんですよ。日本でも話題になったアンデスの恵み「ローズヒップ」の石鹸。これで洗えばさらに美人に磨きがかかること間違いなし!?です。ローズヒップは、お肌のハリを良くするアンデスの魔法といわれております。デリケートな部分への刺激が少ないマンサニージャのエキスを配合したトイレットペーパーも。このこだわりには脱帽です。

9. ハーブティーコーナー

日本ではすっかり定着したハーブティーですが、ペルーでは古来より薬草を煎じて目的に合わせて飲み合わせる文化がありました。それは現代にも受け継がれ、息づいていて、ペルーの人々の生活に欠かせないものであります。 例えばマンサニージャ(mansanilla)。消化作用を促したり、痰がからんだ際や咳き込んだ際に発作を抑えると言われています。つわりに苦しむ妊婦のホルモンにも優しく働きかけるので、鎮痛に効果的だとか。ウーニャ・デ・ガト(una de gato)も免疫性を高めたり、ホルモンのバランスを良くするのに最適なお茶として知られています。関節痛や筋肉痛などの痛みのある人にも必須のハーブティーで、運動後などに筆者も愛飲しています。アニス(anis)のハーブティーも、消化作用を促すと言われ、特にミントと合わせた種類は、食後に飲むと胃もたれを防いでくれます。これに、さらに別の消化作用を促す薬草を加えたのが、その名もDigestivo(スペイン語で消化を促すという意)として売られています。油っぽい食事や食べすぎ・飲みすぎの後に すうっと胃をすっきりさせてくれます。 その他にも、喘息やのどの痛みを改善する働きのあるものや女性の生理痛を和らげてくれるハーブティー、体内の脂肪を燃焼させダイエット効果のあるハーブ ティーなど沢山の種類があります。お味はどれも自然の薬草からつくられていますので、いかにも効きそうな味ですが、目的に応じた飲み方をすれば、体の中から綺麗になれることお約束です。 余談ながら、ペルーでは薬っぽい味わいを苦手として、ハーブティーに砂糖を入れて飲む人も少なくありません。ダイエット効果を期待して、Dietaというハーブティー に砂糖を山盛り加えてせっせと飲んでいる女性を見て、違和感を覚えるのは筆者だけでしょうか?

10. 酒類コーナー

南米のワインの産地というと真っ先にチリやアルゼンチンのメンドーサを思い浮かべる人も多いはず。実際ペルーにも両国から様々な種類の赤・白ワインが入ってきています。また、旧植民地の宗主国であるスペイン産のワインも沢山見受けられます。では、ペルー産のワインはないのか?・・ちゃんとあります。Ocucaje やTacamaといったワイナリーが有名ですが、その中でも先述したアルゼンチンやチリワインにも引けをとらない味わいでおススメできるのが、 Tacamaの白ワイン Blanco de blanco と赤ワインSeleccion Especialという種類です。 一方、ワインよりもコーナーの一角に威容を放っているのが、数十種類に渡るピスコです。ピスコはペルー原産のぶどうから造られた蒸留酒で、アルコール度数が約25度あります。味わいはぶどうの収穫年や種類、ボデーガによって様々です。ピスコについては、近日発表する「ピスコ博物館」の別項目に譲りますが、原液のままだとかなり強いお酒であることは明記しておきましょう。 そこで、ペルーのピスコを世界的に有名にしているピスコサワーの登場です。これはピスコを使ったカクテルで、ピスコに卵の白身とレモン、砂糖を加えてシェイクします。レモンの酸味と砂糖の甘さがピスコの独特の味わいとマッチして非常に飲みやすい一品です。見た目にもキレイなカクテルですので、女性にも好まれます。このピスコサワーは、ペルー滞在中に一度はお試し頂く機会があると思います。もし気に入いった方は、日本帰国後も手軽に作れるピスコサワーの粉末も、スーパーで手に入りますよ。

11. 肉類

そのワインやピスコ、またビールといったお酒のおつまみに肉類のコーナーに、超がつくほどおすすめのペルーならではのものがあります。その名はアンティクーチョ・デ・コラソン(Anticucho de Corazon)といい、牛の心臓にたれをつけて串焼きにしたものです。少々固めですが、これにアヒ(aji)という辛めのとうがらしのソースをつけて食べると、お酒が益々すすむこと請け合いです。

12. インスタント食品類

最後に、ペルーを旅行してペルー料理の魅力に取り付かれた方には、日本でペルーの味を楽しめるような品々をご紹介します。例えばペルーのオリジナルソース、アヒのペーストの缶詰。カレーのルーを作る際に、野菜を煮込む段階でこのアヒを少し加えると、ピリっとした辛味で味が引き締まります。 缶詰といえば、マラクヤやビタミンCの爆弾と言われているカムカムのジャムなども手軽に持ち帰れますね。パンにビスケットにと、独特の酸味が非常に良く合います。 また、チチャモラーダやマラクヤジュースの粉末や、代表的なペルー料理のレトルトなども、話の種になりそうです。 広い店内の品々を駆け足で見てまいりましたが、時間にゆとりのあるかたは2階のフロアを占める生活雑貨や文房具、子供用のおもちゃなどのコーナーも覗いてみてください。アメリカからの輸入品の多さや、物価と比べて遥かに高額な文房具の値段など、色々な局面が見えてくると思います。

13. レジにて

さあ、ひとまず買い物終了ということで、レジに向かいましょう。レジはカハ(caja)といいます。おっと、最後の最後まで気を抜けないですよ!レジにもありました、ペルーらしいものが。シュガーレスガムとチチャモラーダ味の飴です。 スーパーでは現地通貨ソルはもちろん、アメリカドルでも支払いが出来ます。会計の際レジの女性が「ボレータ・オ・ファクトゥーラ(Boleta o facutura ?)」と聞いてきますが、簡単なレシートで結構ですという意味の「ボレータ」と答えておきましょう。 支払いが済んで帰る際に、レセプションで荷物を預けた方は受け取り忘れないように注意してくださいね。 …というわけで、スーパー探検はいかがでしたでしょうか?土産物店にはない掘り出し物に出会えましたか?常に新しい物が登場するスーパーには、筆者も知らない一品がまだまだ隠れているかもしれません。そういう品々をこれを読んでくださっているあなたが見つけてくれることを願いながら、この辺でお仕舞いにさせていただきます。

CANTUTA TRAVEL

  •   Calle Cantuarias 160, Of. 402 Miraflores Lima, Perú

  •    Phone: +51-1-242-1330

  •    Fax: +51-1-320‐7809

  •    Mail: cantuta@cantutatravel.com

© Copyright 2016 Producido por Intelicom.pe con