おすすめレストラン情報★★★

TANTA(タンタ)

住所:Larcomarショッピングセンター内

電話:01-446-9357

営業時間:09:00-24:00(月~日)

http://tanta.com.bo/

 

ペルーの有名シェフ、ガストン・アクリオのカジュアルレストラン。ペルーとアジアが融合した

フュージョン料理です。ガストン氏はペルーだけでなく、南米各地にレストランをもっており、最近ではスペインにも進出しており、世界でもその名が知られています。

TANTAは数あるガストン氏のレストランの中でもリーズナブルで、地元の人も多く通います。

 

メイン料理以外にも、フルーツジュースやサラダ、デザートが充実しており、一度にたくさんのペルーの味を満喫できます。おすすめは、チャウファ・デ・マリスコスという海鮮チャーハン。日本の味にも似ているので、嫌いな人は少ないはず。他にもペルーの家庭でよく食べられるカウサ(レモン風味のマッシュドポテト)やタヤリン・サルタード(ペルー風やきそば)も、おしゃれにアレンジされています。

 

フルーツジュースの中には、ペルー原産のチリモヤを使ったものがあるので、是非お試しください。

いくつか支店がある中で、一番分かり易いのがラルコマルにある店舗です。ミラフローレスの中心(ケネディ公園)からAv.Jose Larcoを海岸に向かって真っすぐ歩いて行くと、つきあたりがラルコマル・ショッピングセンター。崖のところに建っていて、一見何も建っていないように見えますが、下に階段があり、下に向かって崖の側面を利用して建っているユニークなショッピングセンターです。

 

 

Punto Azul(プント・アスル)

住所:Calle San Martin 595 Miraflores

電話:01-445-8078

営業時間:月曜日18:00-24:00/火~土11:00~24:00、19:00-00:00 /日11:00~16:00

http://www.puntoazulrestaurante.com/

 

セビッチェを専門に扱う、ペルーで言う“セビッチェリア”。魚介を使ったペルー料理がメニューに並びます。値段も比較的安く、料理も抜群においしいので、いつも混み合っています。特にお昼は店の外まで並ぶこともあるので、12:00頃までにはお店に着くと良いでしょう。回転は速いので、かなり混んでいても20分程度待てば、大抵順番はまわってきます。

 

セビッチェ、アロス・コン・マリスコスのような定番料理から、タクタク・サルサ・アル・シェフというペルー風パエリアの上に大豆の煮込み、エビのクリームソースをかけた料理もおいしいです。また、白身魚のフライ(chicharon de pescado)も絶品。ただし量がすごく多いので、1人で行くと食べきれない場合も。その時は、para llevar(パラ・ジェバール)というと、お持ち帰りの入れ物に入れ替えて持たせてくれます。

 

場所は、ミラフローレスの中心(ケネディ公園)から歩いて約10~15分。ミラフローレス地区にある大抵のホテルから歩いて行けます。ケネディ公園からラルコマル(海の方)に向かってAv.Jose Larco通りを歩いて行くと、Casino Atlantic cityというカジノがあります(Av.Benavidesという道)。そこを左手に曲がるとVivanda というスーパーマーケットがあり、Vivandaを右に曲がって(Calle Alcanforesという道)まっすぐ行くと、右手にあります。ちょうどCalle AlcanforesとCalle San Maritinが交差する場所です。

 

 

Restaurant Rosa Nautica(レストラン・ロサ・ナウティカ)

住所:Espigon 4 cirquito de playas, Miraflores

電話:01‐447-0057 / 445 – 0149

営業時間:12:00~24:00(月~日)

http://www.larosanautica.com/

 

ミラフローレスの海に突き出た桟橋の先にあるシーフードレストラン。ロマンティックな雰囲気にあふれ、観光客やカップル等でにぎわっています。

 

ロンダというペルー料理のシーフードの前菜の盛り合わせがお勧め。

海岸沿にあり、ご自身で行かれる場合はタクシーで行かなくてはなりません。タクシーは必ずホテルで呼んでもらうこと。帰りはレストランで呼んでもらってホテルへお戻りください。

 

 

Restaurant Huaca Pucllana(レストラン・ワカプクヤナ)

住所:General Borgono Cuadra 8 Huaca Pucllana Miraflores

電話:01‐445‐4042

営業時間:12:30~16:00、19:00~23:30(月~日)

http://www.resthuacapucllana.com/es/

 

ワカプクヤナというリマ文明の遺跡内にできたレストラン。夜は遺跡のライトアップを見ながら、夕食を食べることができます。遺跡側のテーブル席はいつも混み合っていて、予約が必要。事前予約でも遺跡側の座席は満席の場合もよくあります。

 

料理はペルーの伝統料理。お勧めはロモサルタード(牛肉と玉ねぎとトマトの炒め物)やアヒ・デ・ガジーナ(ペルー風カレーライス)。通常リマのペルー人は、セビッチェは昼食にしか食べないため、大抵のセビッチェ専門店はお昼までの営業。このレストランには観光客も多く来るので、夜セビッチェを食べることができます。

 

場所はミラフローレスの中心地(ケネディ公園)から歩いて15分程度。ただし中心地からは少し外れますので、夜行く場合は、ホテルでタクシーを呼んでもらって行く方が無難です。帰りはレストランでタクシーを呼んでもらうことができます。リマの無線タクシーは少し時間がかかるので、早めに呼んでもらうことをお勧めします。

 

 

Pardo’s Chicken(パルドス・チキン)

住所:Larco Mar

電話:01‐447‐8023

営業時間:月~水・日12:00-24:00/木12:00-25:00/金・土12:00-26:00

http://www.pardoschicken.pe/

 

ペルーは、あまり知られていませんが地鶏料理が有名です。中でもリマ発祥のPollo a la brasa(ポヨ・アラブラッサ)という地鶏の丸焼きは、炭火で焼かれた地鶏がなんとも言えずジューシーでおいしい。丸ごと1匹は日本人にはものすごく多いので、4分の1の量を頼むのが良いでしょう。付け合わせにフライドポテトとサラダが付いてきます。胸肉ともも肉があります。胸肉はペチュガ(pechuga)もも肉は(pierna)と頼みましょう。料金も安く、味も抜群でお勧めです。

 

場所はラルコマル・ショッピングセンター内の中2階にあります。海を正面にして一番左側です。

 

 

Norky’s(ノルキース)

住所:Av. Jose pardo 216 Miraflores

電話:01‐712‐0071 / 242‐3104

営業時間:月~木12:00~24:00/金・土12:00~25:00/日12:00~22:00

http://norkys.pe/promociones/restaurantes/

 

日系人がオーナーの地鶏屋さん。上記と同じく地鶏の丸焼きPollo a la brasaがおいしい。同じく量は多いので、4分の1のもので十分。魚介のセビッチェ等も置いてありますが、基本的に地鶏屋さんなので、魚介類の料理はお勧めしません。

 

場所はミラフローレスの中心(ケネディ公園)から徒歩2分。サガというデパートの右並びにあります。銀行Banco de la Naciónの目の前。

Hotel Paracas(ホテル・パラカス)

住所:Av. Paracas s/n

 

パラカスで一番の高級リゾートホテル。レストランはペルー料理ダイニングとイタリアンの2つ。ペルー料理は夏のシーズンはブッフェになることもあります。料金は他のレストランに比べると高めですが、いい雰囲気の中美味しく召し上がれます。

 

 

El Piloto(エル・ピロト)

住所:Carretera Pisco – Paracas Km 18.5 ()

電話:056-631-242(カニエテのレストランが一括しています。)

営業時間:月~日09:00~18:00

 

おいしいペルー海岸地方の海鮮料理が食べられます。何を食べても納得のおいしさ。ボリュームもあり、料金が安く地元の人や観光客にも人気のレストランです。パラカスだけではなく、その他にも2店舗あります。

Pucara(プカラ)

住所:La calle Plateros 309

電話:084‐22‐2027

営業時間:11:00~22:00 ランチは12:00~15:00

 

 

日本人経営のレストラン。ペルー料理。日本語メニューもあり、日本人の口に合った味付けです。

アヒ・デ・ガジーナやロモサルタード等の定番メニューから、各種スープなどもお勧めです。

アルマス広場の1角から1ブロック中と立地もよく、気軽に立ち寄れる場所です。

 

 

Chi Cha(チチャ)

住所:Plaza Regocijo 261, 2do piso, Cusco

電話:(084) 240520 /  (084) 240717 / 998191613

営業時間:12:00 – 22:30(月~日)

http://www.chicha.com.pe/

 

2009年2月にオープンしたばかりのペルーを代表する有名なシェフ、ガストン・アクリオのレストラン。とても雰囲気のある落ち着いたレストランで、有名なシェフのお店だけに少々値段は張ります。

 

ペルーの創作料理ですが、中でもやはりクスコならではの山岳地帯の料理がおすすめ。

トウモロコシのスープ(crema de chocro)やお肉料理が絶品です。

 

場所は、アルマス広場の1角から1ブロック入った所にあるレゴシホ(Regosijo)広場の前。大きな看板が出ているので見つけやすいです。

 

 

Inka Grill(インカグリル)

住所:Portal de Panes 115, Cusco (PLAZA DE ARMAS)

電話:(084) 262992

営業時間:11:00 – 22:00(月~日)

http://www.cuscorestaurants.com/inkagrill/

 

アルマス広場にあるレストランで、ちょっと洒落た雰囲気です。週末はフォルクローレ音楽演奏がある時もあります。お勧めはAji de Gallina(ペルー風カレーライス)やLomo Saltado(牛肉・玉ねぎ・トマト・ポテトフライの炒め物)です。ちょっとペルー料理に飽きてきた人には、ハンバーガーもございます。

 

 

El Meson de Don Tomas(エル・メソン・デ・ドン・トーマス)

住所:Sta Catalina Angosta 169, Cusco

電話:(084) 241757

営業時間:11:00 – 22:00(月~日)

http://www.elmesondedontomas.com/

 

サンタカタリーナ博物館の目の前にあるレストランで、キヌアスープ(Sopa de Quinua)やマスの半身焼き(Trucha a la Plancha)などをお楽しみいただけます。

Pachamama(パチャママ)

住所:Av. imperio de los incas

営業時間:11:00~22:00

 

ホステル・プレジデンテの横にあるレストラン。前を通ると窯焼きの香ばしいピザの香りが漂います。1人用の小さいものから、大きいサイズまで揃っています。

 

 

Inka Wasi(インカワシ)

住所:Av. Imperio de los Inkas 123

電話:084-21Ⅰ-010

営業時間:11:00~22:00

 

22:00まで営業しているので、遅い列車で到着しても間に合います。

アンデス地方の食事の他、ピザもありバリエーションに富んでいるので、気分に合わせて選べます。

 

 

Indio Feliz

住所Calle Lloque Yupanqui Nº 103

電話:084-211090 / 084- 211320

営業時間:11:00~22:00

 

ペルー伝統料理をフランス人シェフが作っているそうで、ペルー人シェフに負けないくらいの味を出しています。

 

 

Hot Springs(ホット・スプリングス)

住所:AV. imperio de los incas aguas calientes s/n.

電話:084-211236

営業時間:11:00~22:00

 

ペルー料理やインターナショナル料理などがございます。

Tahuachaki(タワチャキ)

住所:Cerca al centro arqueológico de Ollantaytambo

電話:084-204155

営業時間:11:00~20:00

 

ムナイティカのホテルからオリャンタイタンボの遺跡に向かう途中、教会近くにあるレストラン。

料理は伝統的なペルー料理。ロモサルタードもおいしいですが、珍しいものではクイ(食用モルモット)の丸焼きもおすすめです。クイはアンデス地方の山岳地帯では、お祭りのときなどに食べる高級料理です。

Tres Keros(トレス・ケロス)

電話:084-20-1701 / 962915114

住所:Av. Senor de Torrechayoc, Urubamba(a block from the Tambo del Inca Hotel and a little over a mile from the Rio Sagrado Orient Express Hotel)

営業時間:12:00 – 15:30 /  18:30 – 21:30 

 

ペルー料理の代表のひとつでもある「ロモサルタード」がお勧め。牛肉、ポテトフライ、トマトをお醤油味で炒めたもの。そのほか、アンデス地方の料理もあり、味付けが絶妙。

 

 

El Muña(エル・ムニャ)

電話:(084) 796806

住所:Sector Rumichaca Alta S/N (A 4.2 Km. de Urubamba)

営業時間:11:00~15:00 

※ビュッフェまたは、ア・ラ・カルト

 

 

El Maizal(エル・マイサル)

電話:(084) 201454

住所:

営業時間:11:00~15:00 

※ビュッフェまたは、ア・ラ・カルト

 

 

Tunupa(トゥヌパ)

電話:084-231281

住所:Carretera a Maras

営業時間:11:00~15:00 

※昼食ビュッフェのみ

Balcones de Puno(バルコーネス・デ・プーノ)

住所:Jr. Libertad 354, Huanchaco

電話:051‐365‐300

営業時間:月~日10:00~22:00

 

ペルー料理のレストランです。19:30~はペルーのフォルクローレショーをご覧いただきながら、夕食をお取り頂けます。

場所は、アルマス広場から歩いて約10分程度です。

 

 

La Casona(ラ・カソナ)

住所:Calle Lima 423 (2階) 

電話:051‐351-108 /  951608671

営業時間:月~日12:00 ~21:00

 

ペルー料理のレストラン。プーノ名物、トゥルチャ(ます)のグリルがおススメ。

軽いものを食べたいときには、スープもあります。アルマス広場から1ブロック。

 

 

MOJSA(モフサ)

住所:Jr. Lima Nº 635 (2階),

電話:051‐363-182

営業時間:月~日12:00 ~21:30

 

ペルー&イタリア料理のレストラン。その場で焼いてくれるビザもお勧めです。

アルマス広場のカテドラルの目の前にあるので、見つけるのも簡単です。

 

 

GIORGIO(ジョルジオ)

住所:Jr. Lima # 430

電話:051‐367-771 /  950304616

営業時間:月~日11:30 ~ 22:30

 

ペルー料理のレストランですが、サンドイッチやコーヒーもあり、小腹がすいたときに軽くお食事されたいときにお勧め。

アルマス広場から1ブロック。

Chi Cha(チチャ)

住所:Calle Santa Catalina 210 – int.105

電話:054‐28‐7360

営業時間:月~土12:00 ~ 23:00/日12:00 ~ 20:00

 

クスコのChi chaと同じくガストン・アクリオのレストラン。食のアレキパと言われるほど、アレキパ料理はペルー国内でもその美味しさが有名です。値段は少々高いですが、食べてみる価値のあるレストランです。

お勧めはアレキパ料理の代表、ロコト・レジェーノ(赤唐辛子の肉詰め)やChupe de Camalones(エビのクリームスープ)。

 

サンタカタリーナ修道院のすぐ目の前の建物。パティオがあり正面がレストランです。

夜は混み合いますので、事前に予約をすると良いでしょう。

 

 

Crepisimo(クレピシモ)

住所:Calle Santa Catalina 208

電話:054‐20‐6620

営業時間:月~日08:00 ~ 23:00

 

コロニアル風のおしゃれなカフェテリアで、お店の雰囲気もよいです。

サンドイッチ・クレープ・おかずクレープ・お酒入りクレープなどがあり、小腹がすいて休憩されたい方にお勧め。

天気が良い日は1階のテラス、寒い日や落ち着きたい方は2階がよいでしょう。

 

 

Zig Zag(ジッグザッグ)

住所:Calle Zela 210

電話:054‐20‐6020

営業時間:月~日12:00 ~ 24:00

 

お店は少し狭いですが、雰囲気もよく人気があります。混んでいる可能性があるので、予約を行ったほうがよいでしょう。

お勧めはステーキの3点セットで、豚肉・牛肉・アルパカ肉がセットになっています。味比べが出来るので楽しいです。

アルパカの肉は食べるのに勇気がいるかもしれませんが、意外に食べやすく美味しいので

是非チャレンジしてみてください!

 

 

El Montonero(エル・モントネロ)

住所:Alameda Pardo 123

電話:(054) 270528

営業時間:11:30-23:00

 

アレキパ料理がメインのレストランですが、ロモサルタードなどもございます。

アレキパで造られているアレキペーニャのビールと共にチチャネス・デ・チャンチョ(フライドポーク)やポヨ・チャクタード(骨付き鳥肉をたたいてフライ)や、その他ジャガイモを使ったオコパなどいかがでしょうか。アレキパ代表料理のチュペ・デ・カマローネス(エビのクリームスープ)もお勧めです。

 

CANTUTA TRAVEL

  •   Calle Cantuarias 160, Of. 402 Miraflores Lima, Perú

  •    Phone: +51-1-242-1330

  •    Fax: +51-1-320‐7809

  •    Mail: cantuta@cantutatravel.com

© Copyright 2016 Producido por Intelicom.pe con