高山病に関して

*外務省ホームページより引用

高山病とは

低地から高地に上がった時、その低気圧、低酸素状態に身体が順応できないことが原因で起こる一連の症状を言います。

低地から2,500メートルの高地に短時間で移動した成人の約25%に、何らかの高山病症状が認められると言われています。

特に低地から飛行機で一気に高地へ上がると症状が出やすくなります。

観光地として有名なクスコは3,400メートル、プーノ(ティティカカ湖)は3,850メートルの高地にあり、

実際リマからこれらを訪れた旅行者の多くが、何らかの高山病症状を経験すると思われます。

軽度の山酔いから、個人の体質によっては比較的重い高山病を起こします。

症状

高山病の初期症状は頭痛・呼吸浅薄感・食欲低下・腹部の膨満感などで就寝後も眠りが浅く、

頻回に目を覚ます不眠感も典型的な症状です。

高山病は重症化すると肺に水が溜まる「高地肺水腫」や脳がむくむ「脳浮腫」となり、

すぐに適切な治療を受けるとともに、急いで低地へ下りないと死に至ることがあります。

注意

高山病の発症はその日の体調などによっても左右されるため、無理な日程は禁物です。

特に高地に到着した初日は十分な休養を取るようにしましょう。

過去に高地で高山病にならなかったからといって、次回高山病にならないという保証にはなりません。

過去に高山病の経験のある方は特に注意を要します。

また、低酸素状態は心臓や肺に大きな負担をかけるため、

心臓疾患や肺疾患のある方は事前に医師に相談されること強くおすすめします。

日本から旅行で来られる方々にとって、当地は日本から長時間の移動、過密な日程の上、

主な観光地が3,400メートル以上という肉体的に過酷な環境です。

それだけに体調を崩される事例も多く、また、場合によっては緊急で高地から低地に搬送を要することも少なくありません。

これらの搬送や民間医療機関での治療には多額の費用が必要となりますので、

海外旅行傷害保険に加入されることを強くおすすめします。

保険に加入されていない場合、適切な搬送や治療を受けられないことがあります。

予防

∇ 高地に到着後、初日は十分な休養をとる(余裕のある計画を心がける)。

  これがもっとも大事です。“ゆっくり、ゆっくり”を心がける。

  空港に着いたら“ゆっくり、ゆっくり”歩き、なるべく階段の使用を避ける。

 

∇ 水分を十分に摂る。

 

∇ 高地では低気圧、低酸素のため消化機能が低下するので、腹7~8分目を心がける。

  炭水化物を多めにとり、脂肪分は控えめにする。

 

∇ アルコールの摂取はできるだけ避ける。睡眠薬の使用も控える。

 

∇ スプレー式の酸素缶(商品名「OxiShot」)を売っている観光地もあるので、それを購入して使うと便利。

 

 ※酸素ボンベに関して:

 クスコではアルマス広場から1ブロック外れたエル・ソル通りの薬局 「INAKA FARMA」で酸素缶を購入できます。

 事前に用意できますのでご希望の場合はお問い合わせください。

高山病予防薬について

アセタゾラミドAcetazolamide(スペイン語ではAcetazolamida、日本での製品名ダイアモックス: Diamox)の内服は

高山病の予防効果がある他、頭痛や不眠などの高山病の初期症状を改善させる効果があります。

日本では緑内障の薬として医師の処方箋を必要とする医薬品ですが、

ペルーの薬局では”Acetazolamida 250″ という薬品名で処方箋なしでも購入することができます。

(リマ空港内の薬局でも購入できます)

 

予防薬としての用法・用量にはまだ定まった基準がありませんが、高地へ行く直前から開始し、

高地にしばらく滞在するのであれば数日間飲み続けるのが一般的です。

用量は成人1回125~250ミリグラムを朝と就寝前の2回服用します。

(日本人の場合は1回125ミリグラムでよいと言われています。)

ペルーでは1錠250ミリグラムの物が売られていますので半分に割って服用します。

服用後,手指にしびれ感を感じることがあります。

体内のK(カリウム)が低下する傾向にあるので,バナナやオレンジなどを食べると良いでしょう。

またアセタゾラミドには利尿作用(尿の量を増やす作用)があるので,水分を十分に補給してください。

 

高血圧や心臓病,糖尿病等慢性疾患をお持ちの方は内服前に必ず医師に相談してください。

 

アセタゾラミドは『高山病にならない薬』ではありません。

あくまでも、余裕のある日程、体調管理、水分の補給や飲食、

アルコールなどへの注意がより大事であることは言うまでもありません。

『ソロチピル』『アセタック』について

ペルーの薬局で『高山病の薬』を求めると、必ずと言っていいほどこの『SOROJCHIPILL』を勧められます。

このソロチピルの組成はアスピリンとその前駆物質及びカフェインで、これは一般に市販されている頭痛薬とほぼ同じです。

当然の事ながら頭痛薬ですので、高地での頭痛には効果があると思われますが、

前述のアセタゾラミドのような高山病予防効果はありません。

また,継続的に飲み続けるのは、特に胃腸の弱い方にとってはお勧めできませんし、

アスピリンにアレルギーのある方、カフェインで眠れない方などは注意が必要です。  

 

その他にも「アセタック(ダイアモックス)」がございます。

購入可能な場所:空港内の薬局や「MI FARMA」「INKAFARMA」「ANCANGEL」「FASA」等の 薬局で購入いただけます。

 

おおよその値段:

アセタゾラミド・・・1シート(10錠) 約8ソーレス

アセタック・・・1箱(20錠) 約41ソーレス

ソロチピル・・・1箱(20錠) 約40ソーレス

※ご購入いただく薬局によって料金は変動いたします。

CANTUTA TRAVEL

  •   Calle Cantuarias 160, Of. 402 Miraflores Lima, Perú

  •    Phone: +51-1-242-1330

  •    Fax: +51-1-320‐7809

  •    Mail: cantuta@cantutatravel.com

© Copyright 2016 Producido por Intelicom.pe con